ランナーズ・ハイ!inシドニー

オーストラリアのシドニーで暮らしています。楽しみながら継続できるマラソン・トレーニング、食事、ライフスタイルを日々模索中です。

オーストラリアは、入国審査の際の検疫が非常に厳しいことで有名です。
果物、卵、肉など食べ物の持ち込みの制限の他、種子類、靴などについた土などもチェックされます。

オーストラリアは固有の動植物の保護や環境維持のため、厳しい検疫措置を実施しています。害虫や病原体の侵入を防ぎ、オーストラリアの環境および動植物や人々の健康を守るためには、検疫が必要です。この役割は、オーストラリア連邦政府農業・水資源省(Australian Government Department of Agriculture and Water Resources; DAWR)が担っています。DAWRの検疫官はその他の関連省庁と緊密に協力しながら、空港や港で検疫の対象となる物品を漏れなく検査・処理し、また必要に応じて押収・破棄します。

オーストラリアに入国される際に植物、動物、動植物でできた物品、特定の食品(例:乳製品、魚・魚製品、蜂蜜、肉・肉製品等)をお持ちの場合には、機内で配られる入国カードの該当欄に印をつけて必ず申告してください。すべての原材料に完全に火の通った市販のビスケットやケーキ、植物性の原材料のみを含む市販の麺類等の食品は、申告する必要はありません。入国カードは法的書類ですので、申告漏れや虚偽の申告があった場合には罰金・罰則が科されます。

申告を怠ると罪に問われますが、禁止品を持っていても申告すれば罪に問われることはありません。申告すべきかどうか分からない場合には入国カードの質問に「はい」と答え、申告してください。



私は初めてきた外国がオーストラリアだったので、入国審査はどこもそんなもんだと思ってて、
その後他の国に行って、なんて緩いんだと逆にビックリしました。
で、ニュージーランドは、そのオーストラリアに輪をかけて厳しい印象です。

今回のニュージーランド入国の際には、夫のマウンテンバイクを持っていきました。
検疫では

「ロードバイクですか?マウンテンバイクですか?」
「自転車は新品ですか?」
「バイクシューズはどうですか?」
と、細かく質問され、実際にタイヤに泥などがついていないかをしっかりとチェックされます。

そして私も
「ハイキングシューズやランニングシューズは持ってますか?」
ランニングシューズを持っている、というと
「普段その靴でどこを走ってますか(オンロードかオフロードか?)」
おそらくオフロードを走ったことのある靴であれば、細かい検査がまた待っていたのだと思います。

少し土がついているハイキングシューズを持っていたご婦人は、
別窓口に靴を通すように言われてました(消毒でもするのかな?)。

これは、オーストラリアに入国するときも同様で
  • 国外で農場、自然に近いところ(山、森林)に行ったかどうか
  • 淡水(川、湖など)に接触したか
  • 馬、牛、羊など家畜動物に触れたか
  • そこでスポーツ用品、靴などを使ったか
などのチェック項目があります。

で、今回、山も淡水にも農場にも、ガンガン入った私たち。




・・・むしろよくぞ聞いてくれましたって感じですよ。

夫のマウンテンバイクは大会後、かなりどろんこになったので、
会場でしっかり洗いました(大会の会場で、水圧ホースで数ドルで洗ってもらえました)。
で、大会後もまた乗ったので、地元の自転車屋さんで買い物した際に「自転車洗うサービスやってるとこ(もしくは洗える場所)ないですか」相談したところ
暇だったのか、「持ってきたらウチで洗ってあげるよ~」と洗ってくれちゃいました。
キウィ、優しい。
私の靴もスポンジを買って、土を落としました。

オーストラリア入国の際も「ロードバイクですか、マウンテンバイクですか」は聞かれ、
自転車のタイヤと靴を検査官の方に見せて、簡単にチェックされました。

靴も自転車も綺麗に洗っていたこと、そしておそらく帰国したのがニュージーランドからだったということもあって、オーストラリアでの検疫は非常にスムーズでした。

そういえば前回も、山と森林で乗馬をしたので検疫で申告したところ、
「行ったのはニュージーランドだけ?じゃあもう行っていいよ」とフリーパスでした。
ニュージーランドってつくづく綺麗な国なんだなぁ。

オーストラリア、ニュージーランドにマウンテンバイクやトレイルシューズを持ち込まれる場合は
しっかりと泥を落として持ち込まれることをお勧めします!

 読んでくださってありがとうございます。
ブログランキング、下記のものに参加しています。
良かったら1クリックしてください。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村




私の親友は大手航空会社のCAをしています。
今回ありがたいことに、NZ旅行にあたり、彼女のStaff Travel Discountを使わせてもらいました。

本人でも家族でもないのに、大変にありがたいオファー。
なのですが、Staff Travelの 落とし穴は、とてもお安い代わりに「あくまでスタンバイ」であるということ。

どういうことかというと、席が空いていれば乗れるけど、保証はされない。
通常の乗客で満席の場合は乗れないのです。

実は、Motatapuの影響がこんなにも大きいとは予想していなかった私たち。
が、チェックインカウンター周辺には、明らかに大会参加者と思われる、バイクバッグを持った人たちの長蛇の列が!!
こんなに人気のイベントだったとはオオーw(*゚o゚*)w意外!(つくづく失礼なやつ)。

カウンターで「今はチェックインさせてあげられないの。ギリギリまで待ってみないと…でも正直、今日はキビシイと思うわ…(ごめんねー)」と言われる。
しかもシドニーからクィーンズタウンへのこの会社のフライトは一日一便のみ。
翌日も似たような状況だといわれ、さらに絶望

もちろんスタッフ・トラベルの原則は知ってはいたけど、
正直こんなに混んでいるとは思わなくて、想定外でした。
良く考えればクィーンズタウンはそもそも人気の観光地なので、
Motatapuがなくても混んでいても不思議はないのです。

それでも「毎回ノーショー(乗客が時間になっても現れないこと)が出るものだから、もう少し後まで待ってみて」と別のスタッフに励まされ、とりあえず待つことに。

待っている間、こうなったら全部とりやめて別の場所にでも行く?いやいや、それはあり得ない。
この旅行は、本当にすごく楽しみにしていたのだ。

結果的に高くついたとしても、他の航空会社でチケット取り直してでも、
絶対クィーンズタウンへ行こう!
でもこの会社がダメならほかの会社もいっぱいかも?
ならほかの都市経由かな?うーん。
そんなやりとりをすること1時間。

で、結果はというと、2人とも一緒に予定通りのフライトに搭乗することができました。
一緒には座れなかったけど、そんなことはもちろん問題じゃない。
今回私たちは、とっても運が良かったと思います。

実は空港に着いた時、大荷物を抱えた老夫婦が、荷物用カート(有料:4ドル)の支払い用機械が壊れていて、カートを引き出せず困っていました。

小銭は大丈夫だけど、クレジットカードもお札にも反応しないと困っていらして。
まあ、シドニーでは良くある話です。
それにしてもカート使うだけなのに4ドルって、高いよね…。

で、成り行き上、自分の手持ちの小銭を差し上げたのです。
とってもお金持ち風の方たちだったので、もちろん恵んだとかそういうことではありません。
実際5ドル札を渡されそうになったのですが、それはなんか違うと思って断りました。

「乗れる!」と分かった瞬間、密かに私は
「さっきのちょっとした親切が、私たちに必要な運を肝心なところで運んできてくれた」と思ったのです。

人に親切にしたら、それは絶対自分に返ってくる。
その逆もしかりで、人に冷たくしたら、いざという時自分も同じ扱いを受ける。

帰りは行きほどではなかったものの、それでもまあまあ混んでいましたが、
スタッフさんに良くケアをしていただき、無事戻ってこれました。

戻ってきてからすぐに、Staff Travelをアレンジしてくれた友人にも、改めてお礼のメッセージとプレゼントを送りました。


今回は、大会の後にも、美しいクィーンズタウンの湖畔をたくさん走りました。
1週間で60㎞。まあまあかな。
そして紫外線で、顔のシミがすごいことに!笑

読んでくださってありがとうございます。
ブログランキング、下記のものに参加しています。
良かったら1クリックしてください。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村




 

ここで、このレースの必須アイテム、推奨アイテム、私が持っていたかいなかったかをご紹介します。

  • 速乾性のTシャツ(✔)
  • 長袖の防寒ジャケット(✔)
  • ウォータープルーフジャケット(x)
  • 防寒用の帽子(△)普通の帽子
  • ファーストエイドキット:具体的には
  1. サバイバルブランケット(✔)ただし、慌てて買った。
  2. ガーゼ、バンドエイド、テープ、プラスター(x)
  3. SOS用 救急笛(x)エキスポで売ってたけど、見たとき何かわからずスルーした。
必須ではないけど推奨するものとしては
  • 電解質系補給ドリンク(△)普通の水のみ
  • 鎮痛剤(x)
  • 手袋(x)ロープや岩に捕まったりするとき便利。
  • 速乾性のある防寒タイツ、もしくはショーツ(✔)
あと、個人的にはこれに加えて
  • 補給食品(バナナ、シリアルバーなど)
  • 日焼け止め、リップクリーム
  • トレイルラン専用シューズ(普通のランニングシューズじゃなくて)
もあればよかったと思いました。ほんと、ほぼ登山ですよ。



※写真は安全と確認できるところでだけ撮りました


 最高地点は標高906mでした。

そして今回、強烈な日差しと激しい乾燥からか「走っている途中に頭痛がする」という初めての経験をしました。

鎮痛剤が「必需ではないけど推奨される持ち物」に入っていたのを後から確認して、納得(おせーよ)。
水と、カフェイン系のジェルで乗り切りましたが、鎮痛剤があればよかったと思います。

さらに後半、待ち構えていたのが、浅い渓流。水は本当に綺麗ですがとにかく冷たい!



マウンテンバイクの人たちとコースが重なる部分でもあります。
しかも、渓流を渡っても渡ってもまだ続く。10か所ぐらい川を渡った気がする…。
つま先の感覚がなくなるほど冷たく、一番深いところはひざ上20㎝ぐらいまでのところも。

ただし私の場合は、ここでアイシング効果で筋肉疲労から回復したのが良かったです。
深さや水の温度は、前日、当日の天候によって変わることを考えると、この日は比較的まだマシだったと思います。

渓流も無事渡り、幸いなんとか怪我もなく、ゴール。



応援にかけつけてくれたゆうさんが撮ってくれました。

ゆうさんにはスタート前、「2時間ぐらいでゴールすると思う」なんて言っておいて、結局2時間40分ぐらいかかりました。「骨でも折ったかと思った~」と心配されました。
ゆうさん、ごめんなさーい

今回は準備不足で、色々反省しきりでしたが
だからこそ、もっとちゃんと準備して、来年もう一度チャレンジするぞ!と決意。

ニュージーランドのトレイルランのいいところは
かなり本格的に山の中に入っても、オーストラリアみたいに毒ヘビや毒グモに噛まれるリスクはないところ。トカゲすら見なかった。

オーストラリアでは、場所によっては「解毒剤」が持っていくものリストに加わる場合もあるようです。ひえー

ちなみに翌日、同じ大会のフルマラソンに挑戦したという60歳ぐらいの女性に
ワイナリーのセラードアでお会いしました。
「傾斜や渓流の多さを聞いたら、15㎞の方が大変そう」と仰っていて
それを聞いて、じゃあ来年は42㎞にしようかな?!とも思いましたが
あのキツイコースに、やっぱりもう1度万全の体制でチャレンジしなくては、と思いました。
今後はオーストラリアでも、トレイルランにチャレンジして行きたいと思います。

さっそくトレイルラン用のシューズ買うぞー。


最後はビブがボロボロに。


最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
ブログランキング、下記のものに参加しています。
良かったら1クリックしてください。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村







 

↑このページのトップヘ