ランナーズ・ハイ!inシドニー

オーストラリアのシドニーで暮らしています。楽しみながら継続できるマラソン・トレーニング、食事、ライフスタイルを日々模索中です。

先週の水曜日と、今日、いつものGirls Run Sydneyのランニング・グループでペイサー仰せつかりました!




夜間ランニング用のピカピカ光るブレスレットをつけて走ります。

私の他にも、「やりたい」と名を挙げた人は結構いて
ちなみにほとんどヨーロッパ人の子。
「私ペーシングなんてやったことないんだけどね~」といった感じ。
でもやりたいって思ったら、とりあえず手を挙げる。
日本人の自分との温度差を感じました。良い意味で。

やりたいと思ったら、やっぱりなんでも自分から「私がやります!」ってすぐに言わなきゃダメなんだ。

多少自信がなかったとしても、モジモジと躊躇していたら
自分のやりたいことは行動の早い子がかっさらっていく。
仮にその子たちの方が自分より経験が少なかったとしても、
先に手を挙げた方、つまり決断した方が勝ち、ってことはよくある。

オーストラリアに住んでいると、実際そんなことばかり。

今回、思い切って「やります!」って言ってよかったな。



後、何にしても他人に対して責任を負った方が自分も成長できる。
そう思うので。

今日ランニング・グループで声をかけて下さった日本人の方、ゆっくりお話しできず失礼しました。
もしこれをご覧になることがあって、またご参加の際には、お声かけてください。

今日も読んでくださって、ありがとうございます。


こちらもよろしければ


ワイン生活@オーストラリア

ブログランキング、下記のものに参加しています。
良かったら1クリックしてください。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村









先週末はニューキャッスルで自主トレーニング。
土日で40㎞走ってきました。その前後で足が酷い蕁麻疹になる、というトラブルがありましたが・・・
今は落ち着いております。




ニューキャッスルにはNobby's Head Lighthouseという灯台があって
約800mの細長い道が、文字通り海に向かって伸びています。



その先端。



ビーチ沿いに歩道が綺麗に舗装されていて、信号もなく延々走れるので長距離トレーニングには最適です。


土曜日13km、日曜27.5km。めっちゃ走った週末でした。
突如襲ってきた蕁麻疹には地獄の苦しみでしたが(たぶんっちゃ走ったことで余計悪化)、
のど元過ぎればかゆさを忘れ、現在は通常営業に戻りました。




そしてNikeのランニングAPPが紫帯、じゃなくてレベル(2500㎞以上)に昇格。
7月のゴールドコーストマラソンまで、あと1か月!

今日も読んでくださって、ありがとうございます。


こちらもよろしければ


ワイン生活@オーストラリア

ブログランキング、下記のものに参加しています。
良かったら1クリックしてください。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村










ハーフマラソンが終わってしばらく経ちますが
未だ結構咳をしています。それでも2度ほど走りに行きました。
シドニーの町は、毎年この時期にある光の祭典Vivid Sydneyに向け
あちこちにカラフルなライトアップが、少しずつ増え始ていました。
本格的に始まるとこのあたりは大混雑でランニングどころではなくなるのですが・・・



いつもの場所で記念撮影。グループの人数が増えてます。
まだ参加し始めて間もないグループですが、今回「あなた今度ペイサーやってくれない?」とお願いされました。
ペイサーとは、グループのペースメーカー、つまり先頭で走って皆をリードする人のこと。

大会でも、異なるペース毎にペーサーが定められていて、
その人たちと一緒に、あるいは少し前を走っていれば、希望タイムが達成できるというシステム。
この役を仰せつかるのは大概エリートランナーです。

前からいつか、何らかの形でやってみたいと思っていたので嬉しいお話ですが
ただ私、結構な方向音痴なんでそれだけが心配である

でも本業以外にも世界が広がっていくのは嬉しいし
人は多少なりとも他人に対し責任を負った方が、自分も成長できると思うので
ランナーとしてレベルアップできる良い機会と思い、ぜひやりたいと思います。

ペイサーって、なんかチェイサーとかシーカーみたい?
harry-potter-quidditch
ハリーはシーカー。



今日も読んでくださって、ありがとうございます。


こちらもよろしければ


ワイン生活@オーストラリア

ブログランキング、下記のものに参加しています。
良かったら1クリックしてください。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村









↑このページのトップヘ