さて、先週土曜日に参加しました、ニュージーランドのアドベンチャー・レース、
モタタプMotatapuの15㎞のトレイルランのレポートです。
スタートは朝の8時半と、ランニングにしてはやや遅め。

夫が同じ大会のマウンテンバイクのレースに参加するために
2時間ほど早く宿を出るのを見送り、ゆっくりと準備しました。
さて、7時半ごろ、ウォーミングアップもかねてスタート地点を目指して軽くジョギング。
途中で参加者らしき女性二人組に出会い、方向を聞かれ、余裕ぶっこいて「このまままっすぐですよー」とか、教えてあげたりしました。

ところが、私の格好を見て彼女たちが
「あなた軽装だけど、ギア全部そのジャケットの下に持ってるの?」と聞いてくる。
え?ギアって何?
「最低必需品がウェブサイトに載ってたでしょ?あれ持ってないと、レースに参加できないんじゃない?」

え?・・・・えええっΣ(゚д゚;)

マウンテンバイクの47㎞のレースに出場する夫は
タイヤのチューブだの、ファーストエイドキットだの、
色々揃えなきゃいけないとぼやいてましたが
え、それってランナーも必要なの?!

しかも追い打ちをかけるように
「抜き打ち検査があって、持ってないと出場停められるって聞いたわよー」
とご婦人方。

そんな・・・たかが15㎞のレースで、そんな馬鹿な!!と煮え切らないわたくし。

でも実際、スタート地点に集まったランナーたちを見ると・・・あれ?あれあれ?
みーんなバックパックしょってる。
手ぶらなのは、本当に私だけ。

これは本気でマズい。このままでは出場できなくなるかもしれない。

シドニーからわざわざここまで来て、それは困る!
こんな時、いつも頼りになる夫は別行動中。
さて!どうするか。

motatapu




結果的にいえば、出場は無事果たしましたが
これは本当に私の確認ミスでした。
そしてトレイルランと、ニュージーランドの大自然を甘く見ていたことが災いした失敗でした。
続く!


読んでくださってありがとうございます。
ブログランキング、下記のものに参加しています。
良かったら1クリックしてください。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村