カテゴリ:
1月16日からのケガとリハビリの記録です。最初から読む場合はこちらから。
1月19日、20日

週末がきました。
本当なら土曜日はランニング・クラブの集まりがあった日で
近所に住んでいる友達が「一緒に行く?」と声をかけてくれましたが
かなりおぼつかない感じだったのと痛みも酷かったので迷惑をかけると思い、断念しました。

腫れはだいぶ引いて、足の指の間に隙間が見え始めましたが
まだまだ普通の状態にはほど遠く、痣が酷くなり、足周辺が紫に変色しはじめました。

土曜日のイベントはクラブの年に一度の集まりでもあり、他のガールズが集まっているのを見て
羨ましいのと情けないのとで、このころからだんだんメンタル的に辛くなってきました。

クラブの仲間以外にも
ソーシャルメディアに次々に流れてくるマラソンのイベント情報や
お友達のランニングに関するポストが本当に羨ましくて
このあたりから欝欝しはじめました。

とはいえ原稿は仕上げなくはならずひたすらPCに向かう日々。
足を下ろすと痛いので、普通の椅子には座れませんでした。
仰向けに寝転んで、足をクッションに乗せ、PCを膝に乗せての作業。

何かとりあえずやるべきことがあったことが、今思うと救われた気がしました。


今思うと手のケガじゃなくて本当によかったなと思うのですが。

ただなかなか無理な姿勢での長時間での作業がたたって
肩と首の痛みが酷くなり始めました。

こういう時は、肩甲骨のストレッチだと思い
ストレッチポールを使うことに。


ポールの上に寝転んで肩甲骨の間の筋肉を伸ばすことで
翌日はかなりましになりました。

キツい鎮痛剤は、夜だけにして
普段は普通の市販の痛み止めに切り替えました。

松葉杖は、腕や肩への負担がきつく辛かったです。

週末はようやくなんとか要領を得て
でも一人でなんとかシャワーを浴びることができました。
夫には後で「危ない!」と怒られましたが・・・

不自由な状態でなんとかできることが増えるのは
精神衛生上にもよかったと思います。

夫は普段から家事の大半を引き受けてくれているので
あんまりいつもと変わらないよと言ってくれましたが
やっぱり一人の人として最低限のことができなくなるというのは辛いものでした。

続く

今日も読んでくださって、ありがとうございます。


こちらもよろしければ


ワイン生活@オーストラリア

ブログランキング、下記のものに参加しています。
良かったら1クリックしてください。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村