カテゴリ

カテゴリ:メンタル面

シドニー・モーニング・ヘラルド・ハーフマラソン

カテゴリ:
ヨーロッパ紀行の途中ですが

本日シドニーではSydney Morning Herald Halfmarathonでしたのでいったんレポートでございます。

ハーフマラソンのみのレースってオーストラリアでは結構珍しいのですが
ここ4-5年毎年出ています。

ちなみにこのレース、上り坂がかなり多くてなかなか大変なコースです。
久しぶりに少し歩いてしまった。

歩くことでまたリカバリーして走り続けられるなら、
それは悪いことじゃないと教えてもらってから
無理な時は少し歩くようにしています。

IMG_3477



今、ケガによるブランクでビックリするぐらいスピードもスタミナも落ちてしまい
痛みとかはないのですが、すごく走れなくなってることに落ち込んで
やる気も少し落ちていたところでした。

普段は前日から食事に気を付けたり
持ち物チェックをしたり
当然のことですがちゃんといろいろ準備して寝るのです。

でも今回はどうにもこうにも気分が上がらず前日は一切走らずに
準備もろくにせずに寝てしまいました。
ビブ用の安全ピンすら用意せずに。

案の定寝過ごし
朝食もそこそこに慌てて家を出る。

そういう気持ちって、不思議と通じるもので
なんとか思い頭を引きずって無理やり起きて
その20分後に乗ったバスが、まさかの故障で立ち往生
車両の前方から煙が出始め、80人ぐらいがほっぽりだされました。
そのうち8割ぐらいがハーフマラソンの参加者。

あー、これは本当にやる気を試されているなあと思いました。

ちなみにシドニー、こういった特別なイベントの時に
臨時のバスなどが出ないというイケてなさ。
そして日曜日の早朝のバスなんて20-30分間が空くこともざら。
一瞬もう帰ろうかしら、というダメな自分がちょっと頭をよぎる。

が、ランニング・クラブでレース後の朝食などを手配していたので行かないわけにはいかない。

いつ来るかもわからないバスをぐずぐずと待っていても仕方ないので
すぐにタクシーを拾って、他のランナーにも声をかけてタクシー代をシェア。
無事スタートラインへ到着し、レースに参加できましたとさ。

やる気が出ないときに仲間の存在って、やっぱりすごくありがたいですね。
一人だけだったら本当に今朝ベッドから出られなかったかもしれません。
自分はこのクラブのペイサー(リーダー、学級委員的な)の一人として
普段から全体のお世話係をいろいろやっているのですが
本当は一番助けられているのは、自分自身なんですよ。

ダメな私の手を引いてくれて
顔をあげたらそこにいてくれて
今回もまた頑張ってみようかなという気持ちにさせてくれる

ランナーのコミュニティってほんといいなと思います。



IMG_3468
みんなありがとう。

IMG_3472
今回はタイムはイマイチで2時間5分40秒。
去年は1時間52分でした。
ケガの前のフィットネスレベルに徐々に戻していければよいなと思います。

お疲れ様でした。

今日も読んでくださって、ありがとうございます。


こちらもよろしければ


ワイン生活@オーストラリア

ブログランキング、下記のものに参加しています。
良かったら1クリックしてください。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ















カテゴリ:
1月16日からのケガとリハビリの記録です。最初から読む場合はこちらから。
1月19日、20日

週末がきました。
本当なら土曜日はランニング・クラブの集まりがあった日で
近所に住んでいる友達が「一緒に行く?」と声をかけてくれましたが
かなりおぼつかない感じだったのと痛みも酷かったので迷惑をかけると思い、断念しました。

腫れはだいぶ引いて、足の指の間に隙間が見え始めましたが
まだまだ普通の状態にはほど遠く、痣が酷くなり、足周辺が紫に変色しはじめました。

土曜日のイベントはクラブの年に一度の集まりでもあり、他のガールズが集まっているのを見て
羨ましいのと情けないのとで、このころからだんだんメンタル的に辛くなってきました。

クラブの仲間以外にも
ソーシャルメディアに次々に流れてくるマラソンのイベント情報や
お友達のランニングに関するポストが本当に羨ましくて
このあたりから欝欝しはじめました。

とはいえ原稿は仕上げなくはならずひたすらPCに向かう日々。
足を下ろすと痛いので、普通の椅子には座れませんでした。
仰向けに寝転んで、足をクッションに乗せ、PCを膝に乗せての作業。

何かとりあえずやるべきことがあったことが、今思うと救われた気がしました。


今思うと手のケガじゃなくて本当によかったなと思うのですが。

ただなかなか無理な姿勢での長時間での作業がたたって
肩と首の痛みが酷くなり始めました。

こういう時は、肩甲骨のストレッチだと思い
ストレッチポールを使うことに。


ポールの上に寝転んで肩甲骨の間の筋肉を伸ばすことで
翌日はかなりましになりました。

キツい鎮痛剤は、夜だけにして
普段は普通の市販の痛み止めに切り替えました。

松葉杖は、腕や肩への負担がきつく辛かったです。

週末はようやくなんとか要領を得て
でも一人でなんとかシャワーを浴びることができました。
夫には後で「危ない!」と怒られましたが・・・

不自由な状態でなんとかできることが増えるのは
精神衛生上にもよかったと思います。

夫は普段から家事の大半を引き受けてくれているので
あんまりいつもと変わらないよと言ってくれましたが
やっぱり一人の人として最低限のことができなくなるというのは辛いものでした。

続く

今日も読んでくださって、ありがとうございます。


こちらもよろしければ


ワイン生活@オーストラリア

ブログランキング、下記のものに参加しています。
良かったら1クリックしてください。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村









歯を磨くことと走ること

カテゴリ:

「ゆーこさん、最近ランニング頑張ってるんだね」

と以前言われたことがありまして。
その時、はて、と違和感がありました。

私、頑張って走ってるんだろうか?
頑張るという言葉って努力するとかいつもより余分に労力を要するとか
時に辛いイメージがあるのです。

自分頑張って走ってる、って感覚はあんまりないんですよね。

もちろん走ることには体力を使います。
時間も使うからスケジュールの調整も必要ですし
時にはモチベーションも必要ですが

なんとか頑張ってやる、ってことでもない気がします。

例えば日ごろからたくさんの本を読む人は
「頑張って読もう」と思って読んでないはず。

その人にとって「読む」という行為が、
たとえば「ご飯を食べた後に歯を磨く」、ぐらい日常のごく当たり前の習慣だから
頑張って読んでる、とは思わないんだろうな。
それをしないとなんだかうずうず気持ち悪い、落ち着かない。

走るということがそれぐらい当たり前になりつつある。

今年のイブ・ランは、18㎞でした。
Capture




今日も読んでくださって、ありがとうございます。


こちらもよろしければ


ワイン生活@オーストラリア

ブログランキング、下記のものに参加しています。
良かったら1クリックしてください。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村











逃げるは恥だが

カテゴリ:
仕事が煮詰まっている。
というか単純にとても忙しい。

放置しても仕事はなくならない。
いや、なくなったらなくなったで、それはただまた別の問題になるだけなんだけど

ピリピリとした緊張感の中で働くのは、とても疲れます。
やらなければいけないことがたまってゆく。

生きていて健康なかぎり、人は働く生き物で
どこに住んで、どんな仕事をしても
それなりのストレスはある。

逃げるは恥だが役に立つ、なんてドラマが去年日本で流行りましたが
逃げるスキルも人間必要だと思いますね。

私の唯一の逃げ道はただただ走ること。
走り始める前は、何をしてストレスを解消していたのか
もうあまり思い出せませんが・・・買い物とか、お料理とかかな。

最近は走ってばかりで、料理の腕はダダ下がりですが
それでもランナーになって、良かったと思うのです。




秋の夜、電線で休むポッサム。

今日も読んでくださって、ありがとうございます。


こちらもよろしければ


ワイン生活@オーストラリア

ブログランキング、下記のものに参加しています。
良かったら1クリックしてください。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村














Two of matter

カテゴリ:


去年タロット・リーディングにいったとき
ランニングのことについて聞いたら
タロットカードの結果を見て
「えーと、一緒に走ってる方がいらっしゃいますか?」と聞かれたので
ランニング・クラブで走っているといったら

「ああー、すごくいいですね~。Two of matter、一緒に走っている人と楽しみながらやっていることで、無限大の可能性に向かっています」と言われました。
そして自分が本当に光り輝く、本当に楽しんでいるというカードが出ていると言われました。

一緒に走る仲間ができるということが
こんなにもポジティブな効果を生んでくれるなんて
自分でも正直びっくりです。

走り始めたころは、ランニングは一人でできることが何よりの魅力だと思っていましたが
ランニング仲間ができることがこんなに幸せだとは思ってませんでした。



皆有難う。

今回見てもらったタロット・リーダーさんは、Japaraliaさんでもおなじみのリリー・マヤさんです。
今日も読んでくださって、ありがとうございます。


こちらもよろしければ


ワイン生活@オーストラリア

ブログランキング、下記のものに参加しています。
良かったら1クリックしてください。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村












このページのトップヘ

見出し画像
×