ランナーズ・ハイ!inシドニー

オーストラリアのシドニーで暮らしています。楽しみながら継続できるマラソン・トレーニング、食事、ライフスタイルを日々模索中です。

Category: 減量

タスマニア旅行から帰って来て3週間、
じわじわとダイエットをして、現在-2.5~3㎏ぐらいです。

今回は、オーストラリアのセレブリティ・トレイナー、ミシェル・ブリッジズのレシピ&トレーニング本を参考にしました。

●水を意識して常に飲むようにする
●こまめに動く
●バランスボールを使った筋トレ
●新しいヘルシー・レシピの導入
●週に1度の休肝日、ベジタリアンの日
●スチーマーを使った調理法
●質の良い炭水化物を適宜摂る(全粒粉パン、玄米、蕎麦、サツマイモなど
●ネガティブ・カロリー食品(食べることで、その食品の持つカロリーよりも、消化にかかるカロリーの方が高くなる食品。主に野菜と果物)を積極的に摂る

を取り入れました。





いままでの普段の夕食はサラダ+肉、炭水化物はなし。
それはそれで、ヘルシーな食生活ではありましたが

この本を参考に、今までやったことのなかった
炒め物や蒸し器を使った調理法も、積極的にトライしてみました。


結果、体重は2-3kgしか減ってませんが、
普段使っているランニング用ベルトが、ゆるゆるになってきたりと
目に見えて体が引き締まってきました。
体重自体はそこまで極端に減っていないのですが、体脂肪率が減り、
ピッタリだったフリップベルトのSサイズが緩くなり
走行中にバサバサ動くようになり、使い辛くなってきました。

FlipBelt(フリップベルト) スポーツウエストポーチ FBB ブラック M
FlipBelt(フリップベルト)
2015-02-04



今回参考にしているミシェル・ブリッジズの本には
4週間の1日3食の手作りレシピ、トレーニングメニューがみっちりと掲載されています。

ただ、フルタイムで働いている人が
全部を全部、この本の通りにするのは正直きついし、非現実的と思います。
週6日、毎日1時間の運動、プラス3食手作り。
運動や料理を定期的にする人であっても、よっぽど覚悟が必要な気がします。

目標達成のため、精神力を試されるのは当然、というのはわかります。
でも実際、辛いダイエットは続かないのです。

なので、普段と違う食生活やトレーニングを取り入れるために参考にする程度にするのがおすすめです。
プレッシャーなしで楽しむと、効果の出る指南がたくさんある本だと思いました。

普段ならあまり買うことのなかった野菜や果物、そしてその調理法を効果的に取り入れられて
単純にいつもと違うレシピを楽しみながら、健康的に楽しむ、というスタンスでやると
すごく楽しくこなせます。

この本を参考にしてから、私の目下のマイブームは、しいたけ、青梗菜、そしてべイビーキャロット。
4月までに、ゆるりとあとー2㎏を目指してます。

今日も読んでくださって、ありがとうございます。


こちらもよろしければ


ワイン生活@オーストラリア

ブログランキング、下記のものに参加しています。
良かったら1クリックしてください。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村








しばらく更新してませんでしたが、相変わらず走っています。

酷暑ではありますが、合間に涼しい時間を見つけては、週4の練習メニューをこなしています。
NRCのトレーニングは6週目が終了。7月のゴールドコーストまで、あと20週です。

そしてここ1週間でようやく、体重が落ちてきました。
正月太りのピークから2㎏減。しかし体重は、落とすことよりも、そこから維持することの方が大変です。
それに本来の目標は体重計の数値を落とすことよりも、しっかり走れるようになることなので
今の自分には、トレーニングを頑張った結果、ついでに痩せた、ぐらいが理想的です。
むしろ筋肉はつけていきたい。

ところで、去年日本でランナー向けの食生活を紹介した本を買いました。



当然のことですが日本に住んでいたらとても参考になる本だと思いますが、
そうでない私には、日常的には取り入れ辛い要素が多かったです(納豆、小魚、桜えび、海藻サラダ、コンビニや外食のお昼ごはんでの選び方など)。

結局食生活に関してはオーストラリアやアメリカの情報サイトを参考にしています。
良く出てくるのはこのあたりの食品。


①サーモン
②ヨーグルト
③グリーン・リーフ
④アーモンド
⑤全粒粉のパン、パスタ、シリアル、玄米
⑥オレンジ
⑦ベリー類
⑧豆類
⑨鶏肉
⑩ダークチョコレート
⑪卵

要は良質なたんぱく質と脂質、ビタミン、ミネラルってところでしょうか。
特にサーモンは、どの資料を読んでもたいてい出てきます。

我が家の食生活は朝はスムージー(バナナ、ベリー、リンゴなど)、昼と夜はサラダ+肉か魚が基本。
なので大体カバーできている感じがします。

ヨーグルトとアーモンドは、意識しないと食べなさそうなのでたまに買うとして
炭水化物は「食べるなら茶色いやつ」を心掛けてみます。

読んでくださってありがとうございます。
ブログランキング、下記のものに参加しています。
良かったら1クリックしてください。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村




 

「最初に」に書いたように、子供の頃から運動は大の苦手でした。
走るのは遅い、球技は下手、力も弱くて良いとこなし。
そんな私がなぜランニングに嵌ったのか。

私のきっかけは2つ。

まず、ズバリ太ったこと・笑
海外生活者のたまの楽しみといえば、やはり日本への一時帰国。
2014年の11月に3年ぶりに帰国し、美味しいものをたくさん食べてしっかり増量してしまい。
これはマズい、と思いとりあえず気軽にできるジョギングから始めたのでした。

他の競技と違って靴以外道具もいらない、チームメンバーもいらない、技術もいらない(とりあえずは)。子供のころと違って、無理に速く走ろうとしなくてもいい。
いつでもどこでも自分のペースで出来る気軽さが、長期継続につながったようです。

走るのにどんどん嵌って毎週50㎞ぐらい走っていた時期もあって
結果最大8㎏の減量に成功しました。

とはいってもそれを維持するのもまたストレスなので、そこからまた戻りましたが。
今はそれプラス2-3㎏の範囲を理想にして維持するよう心掛けています。


そしてもう1つは受験勉強
私は3年に渡って、本業のワインに関するなかなかハードな資格にチャレンジしていて
それは大きく分けて6つの試験に受からなくてはいけないという長期戦でした。
最終的に無事合格できたのは、ランニングをしていたということも、かなり大きかったと思っています。
身体面だけでなく精神面を健康に保つことができたこと。

勉強で疲れた頭を、体を動かすことでリフレッシュできたことはもちろんですが
一人でひたすら自分と向き合って、コツコツとストイックに頑張り続けなくてはいけない試験勉強は
長距離走と非常に似ているところがあり
走り続けることで、自分の中で精神的な強さが生まれました。

最初に走り始めた時はせいぜい3㎞でした。
大会に出ようなんて思ってなかったですし、フルマラソンはもちろん、ハーフも無理だと思ってました。
それが1年で21㎞、2年で42㎞の長距離を走れるようになりました。
私のような運動嫌いが42㎞も走れるようになるなんて
子供の頃の私を知っている人が聞いたらとても信じられないことだと思います。

でも、できるんだ。
あんなに苦手だったことがこんなに好きになるなんて
もしかして私、他にもいろんなことができるんじゃないか
そんな自信にも繋がりました。

運動が苦手なものにとっては
出来るスポーツが1つできた、というだけで
人生が大きく変わったような気になるものなのですね。


CfGkwaXXIAAn39E


読んでくださってありがとうございます。
今日もこれから走ります。

ブログランキング、下記のものに参加しています。
良かったら1クリックしてください。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村





↑このページのトップヘ