ランナーズ・ハイ!inシドニー

オーストラリアのシドニーで暮らしています。楽しみながら継続できるマラソン・トレーニング、食事、ライフスタイルを日々模索中です。

Category: 体のメンテ

今回は滞在先のホテルにシャワーのみでバスタブがない(オーストラリアでは結構ある話)ところだったこともあって
レース後の回復がちょっと不安でした。

遠征中のレースは、直前の食事や宿泊先のことも、やっぱりいろいろ気になります。
走った後はできればお風呂につかりたい、ということで極力バスタブがあるところを選びますが
1月のタスマニアは観光シーズンのピークということもあり
ホバートでバスタブを有するホテルは、かなりのお値段がするところしかなく、断念しました。
その代わり、広めのプールがあったのでそれを活用できたのは良かったかも。




今回は、レース後この回復用タイツを履いて数日を過ごしていました。
薄手なので、普通のジーンズの下にも履ける感じです。

レース後の疲労でちょっと敏感になっている筋肉をしっかりとサポートしてくれます。
そのおかげもあってか、今回は回復がかなり早かったと思いますし、2次的な怪我も防げたのではないかなと思っています。

そして、今回体験したのが「脇擦れ」。
走っている間に摩擦でわきの下が赤く擦れてしまいました。

走っている人を見ていると、脇にあらかじめワセリンを塗っている人も結構いました。



できてしまった脇ずれには、オロナインや、このポーポークリームがおすすめ。




ちなみに脇擦れ、股擦れなどは英語で「Chafing」と言います。


太腿や、人によっては乳首が擦れて痛む、ということも結構あるようです。
走っているときには汗が、そしてその後のシャワーも滲みて痛い。
いつもいつもなるわけではないので、今回も特に準備していませんでしたが
次回から気を付けようと思います。



大会の記念トップ。
別にチョコレートが好きでもないのに、カドバリーブランドの宣伝してるみたい・笑


日本語ではキャドバリーって表記なのか。

今日も読んでくださって、ありがとうございます。


こちらもよろしければ


ワイン生活@オーストラリア

ブログランキング、下記のものに参加しています。
良かったら1クリックしてください。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村












サンシャインコースト・マラソンの直後に
親不知を抜いて、歯医者にしばらく運動禁止、と言われ
その後すぐに追い打ちをかけるように風邪を引いてしまい、それが思いのほか長引いて
3週間ほど走れていませんでした。
1度ランニング・グループで走ってみたけど、1周目で体調に異変を感じ、ペイサー・デューティも途中で断念。
永遠かと思えるほど出続けた鼻水がようやく止まったと思ったら、
今度は23日前から謎の胃痛に悩まされ。
なんなんだ、今年の冬は。本当に。

今日はようやく普通にちょっと走れたけど、それでも10㎞でぐったり。
もう来週はシドニーマラソンだというのに、こんな感じで、体調が非常に宜しくない状態です。
5月のハーフマラソンも、風邪を引いた直後に走って2時間を切れずに悔いが残りました。

今年のシドニーマラソンでは良い記録を出すのはもう諦めて、ゆっくりで良いから完走できるよう、無理をしないことに決めています。


今年のメダルはなかなかカッコイイです。

その代わりといっては何ですが、10月にメルボルンマラソンに出ることにしました。
そちらで本領発揮できるよう、これから体調管理頑張ります。

今日も読んでくださって、ありがとうございます。


こちらもよろしければ


ワイン生活@オーストラリア

ブログランキング、下記のものに参加しています。
良かったら1クリックしてください。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村
















日本ではあまり浸透していないようですが、
オーストラリアではFitbitという歩数計ディバイスが流行っています。
この国の人は超健康オタクか肥満気味かどっちかしかいないのかも。
痩せたい人、もう健康だけどもっと健康になりたい人、どちらにもすごく響く商品のよう。





こういうのね。
去年だかその前のクリスマスプレゼントで「最も売れたクリスマスギフト」だかなんだかで。
スマートウォッチっぽいタイプのもあります。



睡眠をモニターしたり歩数を友達と競争出来たりもして
活用すれば、楽しく健康になれるディバイスです。

途中壊れて新品と交換してもらったりもしつつ、なんだかんだで2年半ぐらい使っていたと思います。

で、こないだまた保証期間中に壊れてしまい、カスタマーサービスに言ったら
また新品を貰えたのですが
でも結局つけるのをやめてしまいました。

①しばらく外していたら、歩数をいちいち気にしてスマホをチェックする回数が減った
②機械ではなく自分の感覚で自分の体をコントロールできる方が心地良い
③着けてなくてもこれからも運動を継続出来る自信がある

…とまあこんな感じです。

頂いた新品のものは、いつも色々助けてくれる同僚にあげました。

例えば「毎日1万歩歩く」という目標を達成するには
どういう生活習慣をして、どれぐらい余分に運動をしなくてはいけないのか
ガジェットがなくても分かるようになったので、もう必要ないと思いました。

むしろこういうのを全く着けてない人の方が、しっかり運動している気がして
そっちの方がなんかカッコいいなーと思う。

そもそも、「Fitbit着ける=痩せる」は間違いですからね。
着けてもちゃんと運動しないと痩せないよ。当たり前だけど。

そんなわけで私はバイバイしましたが
Fitbitをきっかけに頑張ってしてしっかり運動して痩せた人も、たくさん知ってますよ。
生活が豊かになるなら、着けても着けなくてもOK。


今日も読んでくださって、ありがとうございます。


こちらもよろしければ


ワイン生活@オーストラリア

ブログランキング、下記のものに参加しています。
良かったら1クリックしてください。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村










今日はマラソン後のボディメンテナンスに医療マッサージに行ってきました。
そしたら脚がぱっつぱっつに張っています!と言われる
トリガーポイントだらけらしい。

普段の痛みは全くないので、自覚はなかったのですが
やっぱりフルマラソンの負荷は凄い。

今日、実は本当なら10㎞のレースがあったのですが、今回は無理せずに自粛することにしてたので

やっぱりやめといてよかったです。
出場してたら、怪我するところだったかも。
どうしてもレースの時って、いつもより力が入ってしまいますのでね。

今日だけじゃほぐしきれません、というぐらいぱっつぱつだったらしいです。
時間オーバーしてたのにケアして頂き、感謝でございます。


ご自分でもストレッチやフォーム・ローラーでグリグリしてくださいね、と言われました。






ほぐしきれない~、と言われたものの、
やっぱりマッサージ後は脚が軽い!体が軽い!
全然違う~。

セラピストさん、今回も大変お世話になりました。
いろいろアドバイスも下さり、大変心強いです。

お世話になったのはコチラ
Zen Japanese Massage
Facebookページ
各種プライベート保険、使えます。

今日も読んでくださって、ありがとうございます。


こちらもよろしければ


ワイン生活@オーストラリア

ブログランキング、下記のものに参加しています。
良かったら1クリックしてください。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村









前回のシドニーマラソンの後、練習不足からくる怪我をしてしまいました。
今回は練習はしっかりしたとは言え、
やっぱり怪我は怖いのでアフターケアには気を付けていました。

大会後のストレッチ、入浴、それから足を冷やすこと。



本当はレース直後が理想のようですが、これは翌日の写真。
当日の午後は宿泊施設についていたプールに浸かり、お風呂にも2度入り
とにかく足を休めました。

お陰様で2日後にはほぼ正常。若干腰あたりや腿の後ろあたりが繊細になっている気もしますが
今までにないスピードで回復しているのが体感できました。

色々なサイトで調べていたら「一番伸びるランナーは、故障をしないランナー」。
誰もが必ずいつかは怪我をする。その時に無理をしないこと、もちろん怪我をできるだけ避けられる人が
やっぱり記録も一番伸びるんだそうです。
そりゃそうだ、と納得。

練習は「ちょっと物足りない」ぐらいで止められるのが理想。
もう痛くない、と思っても、筋肉はまだまだ回復中。
じっくりゆっくり回復に努めます。
今日も読んでくださって、ありがとうございます。


こちらもよろしければ


ワイン生活@オーストラリア

ブログランキング、下記のものに参加しています。
良かったら1クリックしてください。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村











↑このページのトップヘ