ランナーズ・ハイ!inシドニー

オーストラリアのシドニーで暮らしています。楽しみながら継続できるマラソン・トレーニング、食事、ライフスタイルを日々模索中です。

Tag:トレイルラン

今日は、アンザック・デー・チャレンジというトレイルランイベントに参加してきました。

9時スタート、場所はSt Ives Showgrowndでした。
ちなみにGordon駅からバスで15分。

18111194_10156273033444657_566962215_o

Motatapuから2か月後、2回目のトレイル・ランです。
今回は11㎞。
いやーしんどかった。

オンロードの11㎞とオフロードの11㎞は、本当に全く違う!!
ただ単に登り坂だから、というだけではない気がします。
最初の5㎞は息が切れ切れ、半分ぐらいは歩いたかなぁ。
Motatapuよりは傾斜もそこまで急じゃなかったですが、それでもキツかった。
5割登山、3割ラン、時々風雲たけし城今の若い人、知ってますかねー?オーストラリアの人は結構知ってるよ。

同じループを違う方向から2回走るコースで、同じエイド地点を計3回通り、そこでフルーツ、ジェリービーンズ、お水などが出ましたが
山の中なのでプラスチックカップの補給なし。
自分の水を持っていてよかったと思いました。

オンロードのランナーが、みんながみんなオフロードが好きになるかと言えばそうでもないかなと思いました。
オフロードはアップダウンが激しい、次に何が来るかわからない。
のでリズムが掴みにくい。

オンロードより、ずっと狭い山道を走るので、あまり遅いと後ろを振り返ると大渋滞が起きてたりもする。

ちなみに、後ろからやってくる他の走者を意識しながら森の中を走ってると
なんかシリアルキラーかゾンビに追いかけられるサバイバルゲームか?
と錯覚することもこれ、私だけかしら?実際そういうイベントもありますからね。





なんとか完走。しんどかった。でも苦戦したのが悔しいので、きっとまたエントリーしてしまうのでしょう。
18120180_10156273026294657_2068002905_o (1)
靴がいい感じに汚れてきた。

アンザック・デーにちなんで、ポピーの花を 一緒にもらいました。

18111060_10156273026174657_1189072471_o




18個目のメダル。
100個まではまだまだ遠い道のり。

今日も読んでくださって、ありがとうございます。


こちらもよろしければ


ワイン生活@オーストラリア

ブログランキング、下記のものに参加しています。
良かったら1クリックしてください。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村









モタタプ参加後、これからはトレイルランにももっとチャレンジしてみようと思い
さっそくトレイルラン用のシューズを購入しました。

普通のランニングシューズはずっとasicsを愛用しています。
asicsからもトレイルランの靴は出ているようですが
トレイルランの場合は、どちらかというとスポーツブランドよりも、
アウトドアブランドの方が良いものがありそうだったので、
今回はアウトドアショップ、Kathmanduへ行ってみました。

今回はSalomon Spped4にしてみた。






色は違うけど、たぶんこれ。

トレイルランシューズにもいろいろ種類があるらしく
単に舗装されてないだけの、平坦な道を走る、ライトなトレイルランなのか

それともモタタプみたいな本格的な「ザ・山!」みたいなところ を走るのにはこのタイプが良いそうです。滑り止めの具合とかが断然しっかりしています。
びっくりするぐらい軽くて、足にぴたっとフィットしてる感じが気持ち良い。
滑りやすい斜面も安心して走れそうです。

カッコいい靴を買って、でもこれ、きっと山道で履いたらすぐドロドロになってしまうんだろうな・・・と思ってそう言ったら店員さんが

Well, you need to get dirty to do any  fun things.
(楽しいことをする時はヨゴレないとね)

・・・・君、その発言は店員としていかがなものか(*_*)
せっかくいろいろアドバイスしてくれる店員さんだったのに、
その最後の一言がちょっとキモかったので後味悪し( ̄∠  ̄ )ノ
ざんねん!

でもKathmanduは、アウトドアが好きな方にはいろいろおすすめグッズもいっぱいあって、楽しいお店です。
シドニーの方は行ってみてね。

今日も読んでくださって、ありがとうございます。

こちらもよろしければ!
ワイン生活@オーストラリア

ブログランキング、下記のものに参加しています。
良かったら1クリックしてください。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村











 

ここで、このレースの必須アイテム、推奨アイテム、私が持っていたかいなかったかをご紹介します。

  • 速乾性のTシャツ(✔)
  • 長袖の防寒ジャケット(✔)
  • ウォータープルーフジャケット(x)
  • 防寒用の帽子(△)普通の帽子
  • ファーストエイドキット:具体的には
  1. サバイバルブランケット(✔)ただし、慌てて買った。
  2. ガーゼ、バンドエイド、テープ、プラスター(x)
  3. SOS用 救急笛(x)エキスポで売ってたけど、見たとき何かわからずスルーした。
必須ではないけど推奨するものとしては
  • 電解質系補給ドリンク(△)普通の水のみ
  • 鎮痛剤(x)
  • 手袋(x)ロープや岩に捕まったりするとき便利。
  • 速乾性のある防寒タイツ、もしくはショーツ(✔)
あと、個人的にはこれに加えて
  • 補給食品(バナナ、シリアルバーなど)
  • 日焼け止め、リップクリーム
  • トレイルラン専用シューズ(普通のランニングシューズじゃなくて)
もあればよかったと思いました。ほんと、ほぼ登山ですよ。



※写真は安全と確認できるところでだけ撮りました


 最高地点は標高906mでした。

そして今回、強烈な日差しと激しい乾燥からか「走っている途中に頭痛がする」という初めての経験をしました。

鎮痛剤が「必需ではないけど推奨される持ち物」に入っていたのを後から確認して、納得(おせーよ)。
水と、カフェイン系のジェルで乗り切りましたが、鎮痛剤があればよかったと思います。

さらに後半、待ち構えていたのが、浅い渓流。水は本当に綺麗ですがとにかく冷たい!



マウンテンバイクの人たちとコースが重なる部分でもあります。
しかも、渓流を渡っても渡ってもまだ続く。10か所ぐらい川を渡った気がする…。
つま先の感覚がなくなるほど冷たく、一番深いところはひざ上20㎝ぐらいまでのところも。

ただし私の場合は、ここでアイシング効果で筋肉疲労から回復したのが良かったです。
深さや水の温度は、前日、当日の天候によって変わることを考えると、この日は比較的まだマシだったと思います。

渓流も無事渡り、幸いなんとか怪我もなく、ゴール。



応援にかけつけてくれたゆうさんが撮ってくれました。

ゆうさんにはスタート前、「2時間ぐらいでゴールすると思う」なんて言っておいて、結局2時間40分ぐらいかかりました。「骨でも折ったかと思った~」と心配されました。
ゆうさん、ごめんなさーい

今回は準備不足で、色々反省しきりでしたが
だからこそ、もっとちゃんと準備して、来年もう一度チャレンジするぞ!と決意。

ニュージーランドのトレイルランのいいところは
かなり本格的に山の中に入っても、オーストラリアみたいに毒ヘビや毒グモに噛まれるリスクはないところ。トカゲすら見なかった。

オーストラリアでは、場所によっては「解毒剤」が持っていくものリストに加わる場合もあるようです。ひえー

ちなみに翌日、同じ大会のフルマラソンに挑戦したという60歳ぐらいの女性に
ワイナリーのセラードアでお会いしました。
「傾斜や渓流の多さを聞いたら、15㎞の方が大変そう」と仰っていて
それを聞いて、じゃあ来年は42㎞にしようかな?!とも思いましたが
あのキツイコースに、やっぱりもう1度万全の体制でチャレンジしなくては、と思いました。
今後はオーストラリアでも、トレイルランにチャレンジして行きたいと思います。

さっそくトレイルラン用のシューズ買うぞー。


最後はビブがボロボロに。


最後まで読んでくださって、ありがとうございます。
ブログランキング、下記のものに参加しています。
良かったら1クリックしてください。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村







 

↑このページのトップヘ