タグ

タグ:大会レポート

Australian Running Festival(キャンベラ)大会レポート④

カテゴリ:
コースの混乱があり、文字通り軌道修正したのち、ナショナルパークのようなところを通過。
で、ふとわき道を見るとそこにはなんと


カ ン ガ ル ー
20170818112746_1252518369_9
※注(写真はイメージです)

しかもそこそこでかい(成人男性以上)のが、2頭も。
長いオーストラリア生活、もはやカンガルーを見てもさほどビックリはしないと思ってましたが
マラソンの真っ最中に見たのは初めてで、さすがにわあっΣ(´∀`;)となりました。

写真とればよかったかなーと思いましたが、
ビックリしすぎてすぐ動けませんでしたよ。

しかし、一国の首都である街から、ちょっと市内を外れただけのところに
こんな大きな野生動物が住んでいるなんて
首都≠その国の最大の都市、という典型例ですね。
東京とはだいぶ違う感じの首都です。

この後、23㎞地点ぐらいのところで夫が待機。
ジェルやバナナと一緒に車に戻って私のヘッドフォンを渡してくれました。
エキスポで買ったものの結局使い方が分からなかったワイヤレスのヘッドフォンと交換。
今回も素晴らしすぎる夫のサポートです。

ここでジャケットを脱いで渡そうと思ってましたが、
23㎞を走った後でもまだまだ寒くて
結局着たまま続行しました。

後々思えば、暑いよりも寒いほうが、筋肉疲労度が低くて済んだ気がします。

時間がたつにつれ、フル、ハーフのランナーたちとコースが入り混じりはじめ
ギャラリーも増えてきました。
ボランティアの人たちも優しい。

ランナーたちも、この日初めて会った他人同士だけど、励まし合いながら走り続けました。
ウルトラマラソンランナーの最後尾には、お友達(か兄弟?)の方に付き添われながら
ゆっくりとでも着実に走られている障がい者の男性が走っていました
がんばれ、がんばろうというと、なんども親指を立てて笑っていました。
ギャラリーはシドニーやゴールドコーストほどはいなかったけれど、
全体的にとても雰囲気の良い大会だったなという印象です。


今日も読んでくださって、ありがとうございます。


こちらもよろしければ


ワイン生活@オーストラリア

ブログランキング、下記のものに参加しています。
良かったら1クリックしてください。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村










Australian Running Festival(キャンベラ)大会レポート③

カテゴリ:
なんやかんやしながらバタバタとスタート。
ウルトラマラソンの参加はたぶん大会でも一番少なくて150人程度。
ペイサーもなし。
朝日が昇り始めたばかりのキャンベラはまだまだ寒い。
通常であればスタート前にジャケットは脱ぐのですが、寒くて脱げない。
走っても走っても、一向に体が温まらなーい。
風は予報通り、湖からの冷たい風がビュービュー吹いてきて
向かい風の時はさらに辛い。

前夜の予告通り、距離表示がなかったので今何キロ地点なのかな~と考えながら走る感じ。
で、どうやら4kmから5kmの地点(後に分かった)で、いきなり前方にいたランナーたちがどかどかと逆走してくる!!

Go back, go back! It's a wrong way!!


どうやら前方にいた誰かがコースを外れてしまい
それに追従したランナーたちが違う方向へしばらく走ってしまったらしい。

え?えええ?(゚∇゚ ;)エッ!?

そんなことあんの!!?
たまたま誰も案内係がいなかった場所でもあったらしく…
このマラソンのコースは結構入り組んでいて、同じポイントを何度も通ったりすることもあり
しかも距離表示もほとんど撤去されてしまっていたせいで
こんな混乱が起きたと思われます。
4km→5kmへは本来こんな感じで湖岸沿いを走るはずだったんですが
なぜか31-32kmのコースを走ってしまったようです。

31067289_10157577878649657_1214480675_o


私は橋に乗った時点で「戻れ」と言われたのでおそらく数百メートルぐらいですみましたが
他のランナーは1㎞ぐらい走ったのかなあ…
距離表示がないのであれば案内係は配置できなかったのかな?
こういう大会はボランティアの方に頼ってる状態なので
人員は足りないときはどうしようもないのかもしれません。

ちなみにこのコースの周辺をStravaで見てみたところ




私、水上を移動していた模様。
今日も読んでくださって、ありがとうございます。


こちらもよろしければ


ワイン生活@オーストラリア

ブログランキング、下記のものに参加しています。
良かったら1クリックしてください。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村















Australian Running Festival(キャンベラ)ウルトラマラソン大会レポート②

カテゴリ:
ウルトラマラソンのスタート地点は早朝6時。
前の夜への準備。




ここでうっかりヘッドフォンを用意し忘れてしまう。
そして前日、大会のフェイスブックページで「強風につき安全を考慮して各距離表示を最低限残して撤去します」というお知らせを見る。
翌日の天候が厳しそうな予感。


当日は、朝6時のスタートのために4時起き。
レース前は眠れないこともあるのですが、今回はしっかりゆっくり眠れたと思います。
が、この日のキャンベラの朝の気温、9度、しかも強風。

pic

スタート前の私。テンションダダ下がり。ずずーん。
真っ暗、しかも寒い。ばり寒い。耳超痛い。
しかもヘッドフォンがない。
テンションは上がらないまま
スタートまであと15分のところでヘッドフォンをダッシュボードに入れていたことを思い出す。

エキスポで新しいワイヤレスヘッドフォンを買ってみたものの
スタート直前に買ったものだから設定が良く分からないままにスタート。
早朝で激寒でギャラリーもほとんどいないキャンベラ。
ちなみにウルトラマラソンの参加者は男女合わせて150人ぐらいと少な目。
なんとかスタートしたこの直後、事件は起きる。

つづく。

今日も読んでくださって、ありがとうございます。


こちらもよろしければ


ワイン生活@オーストラリア

ブログランキング、下記のものに参加しています。
良かったら1クリックしてください。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村












Travelling Runner~ Hobart Edition Part2

カテゴリ:
カドバリー・マラソンは一番最初にフルマラソン組がスタートし、その後ハーフ、10㎞、5㎞が随時スタートします。車椅子の参加者も多くみられました。

cadbury




フルマラソンは、距離を稼ぐためなのか、最初の数キロは工場周辺をグルグルと短いループを2度走らされました。

そしてその後に、ハーフマラソンとほぼ同じコースを2往復する感じでした。

フルマラソンの大会で、ハーフのコースを2回リピートする大会は結構あるみたいで
そんな走り方はつまらなそう、しんどそう、と思っていましたが
これが案外大丈夫でした。

一度走ったコースをもう一度走ることの苦痛は、確かに多少はありました。
MONAを横目に4回目に見たときはもうええわ!ってなったし

でも同時に、2度目に走るときに「コースの概要を知っている」という事実が
精神的に楽にもしてくれたと思います。

全く知らない土地で走る時は、どうしても内心緊張してしまったりするので
同じ場所を2度走ることはプラスの要素にもなる、ということが分かりました。

全体的に高低差は比較的少なかったコースであったと思います。
そして、ホバート、1月なのに水辺の近くはばり寒い!
20㎞以上走った後でもまだ外気の寒さを感じる、というのは初めての経験でしたが
経験上暑すぎて体力を消耗するよりは、遥かにマシだったと思います。

で、一番やっぱりしんどいのは30㎞-35㎞の地点。
ものすごくすごくつらいのですが、でもいずれ必ず持ち直すことができるとわかっているから頑張れる。

2時間弱で気持ちよく走り切れるハーフと違い、
フルマラソンは、レースを通してやってくるこうした自分自身の波を乗り切るのがだいご味

・・・ということが、フルマラソン6回目にしてようやく分かってきました。
cadbury2

無事完走。4時間34分01秒。
最後の100m、全然知らない人たちもすごく大きな声でがんばれー!って手を叩いて応援してくれて、底力と笑顔が出ました。



カドバリー・チョコレートの人気キャラクター、キャラメロ・コアラと記念撮影。



可愛いメダル!大企業がスポンサーについてるとやっぱりメダルの質が良い・笑


お疲れさま、私。

次回は回復編その他。


今日も読んでくださって、ありがとうございます。


こちらもよろしければ


ワイン生活@オーストラリア

ブログランキング、下記のものに参加しています。
良かったら1クリックしてください。

にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村











このページのトップヘ

見出し画像
×